ボランティア活動

会社裏側にある頼朝山の草刈及び山道整備、会社周辺の草刈ボランティアをしています。

2017年度

dscf2179.jpg dscf2178.jpg dscf2175.jpg dscf2174.jpg dscf2177.jpg dscf2180.jpg dscf2159.jpg dscf2189.jpg dscf2194.jpg dscf2162.jpg

エコ・サークル

エコ・サークルとは?

 長野市がごみの減量・リサイクルに配慮した事業活動に積極的に取り組んでいる事業所を認定するものです 。
 認定ランクは、ごみの減量やリサイクルの推進などの取り組み状況に応じて、「ゴールド」・「シルバー」・「ブロンズ」の3段階があります。


2013年3月18日:エコ・サークル ゴールドランクを取得しました。

エコ・アクション21

エコ・アクション21とは?

 全ての事業者が、環境への取り組みを効果的、効率的に行うことを目的に環境に取り組む仕組みを作り、取り組みを行い、それらを継続的に改善し、その結果を社会に公表するための方法について、環境省が策定したガイドラインです。
最新の環境活動レポートはこちらから⇒R3環境活動レポート


エコ・アクション21の10年継続表彰及び記念品をいただきました。

行動計画


従業員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り働きやすい雇用環境の整備を行うため、下記の行動計画を策定する。

計画期間


2017年10月1日~2022年9月30日までの5年間

内容:目標①2018年1月までに年次有給休暇の取得促進を図るため、年次有給休暇の計画的付与を実施する。   


●2017年10月~ 労使による計画付与の検討
●2018年 4月~ 労使協定締結により、計画付与の実施

内容:目標②育児・介護休業等既定の内容の周知を徹底し、利用の促進を促す。


●2018年 2月~ 従業員のニーズの把握、検討開始
●2018年 4月~ 従業員に対し、制度を説明し、取得の促進を促す


女性が活躍できる雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

計画期間


2019年5月1日~2022年9月30日までの3年6ヵ月間

当社の課題 


①女性は事務職に配置され、建設業に対する教育や資格取得の機会がない。
②経験や特殊技術が要求されるため、有資格者や経験者に現場業務が偏っている。

目標①事務職に配置されている社員に、年2回以上の現場パトロール、講習会の参加及び資格取得を推奨する。


●2019年 5月~ 事務職に配置されている社員へヒアリングを行う
●2019年11月~ 希望者から現場パトロール、軽作業、講習会への参加

目標②職務経験をさせ、全従業員の知識向上、ノウハウの横展開を実施する。


●2020年 5月~ 人員配置を調整し、各現場でのヒアリングを行う
●2020年11月~ バックアップ体制の構築、フォローアップの実施

ISO45001

基本理念

私ども山倉建設は、本社及び協力会社を含む全事業箇所が一体となって労働安全衛生活動を推進し誰もが安心して働ける労働災害のない明るく充実した職場環境をつくり、地域社会から信頼される企業を目指します。

基本方針

前述の基本理念を踏まえ以下の6点を当社の労働安全衛生方針とします。

1)労働安全衛生マネジメントシステムを施工管理計画や現場に適用し
  労働災害の防止を図り負傷及び疾病の予防に努めます。
  また、上記システムについての継続的改善を約束します。

2)労働安全衛生の危険源に適用すべき法的要求及びその他組織の同意する要求事項を順守します。

3)定期的な労働安全衛生会議を開きPDCAサイクルを回し目標を定め継続的な安全衛生水準の向上を図ります。

4)労働安全衛生活動の重要性及び労働安全衛生義務の自覚を全社員及び事業に携わる
  協力会社が理解するように教育を徹底します。

5)この方針は社員全員及び協力会社に周知徹底するとともに
  ホームページを通じて第三者にも必要な情報を公開します。

6)労働安全衛生方針は代表者による見直しで妥当かつ適正であるか見直しします。

SDGs

SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。
SDGsは2015年9月の国連サミットで採択されたもので、国連加盟193か国が2016年から2030年の15年間で達成するために掲げた目標です。

山倉建設の取り組み

3側面 SDGs達成に向けた重点的な取組 2030年に向けた指標
環境  2010年より行っているエコアクション21の活動に
沿ったCO2削減
2010年より30%減 108,000kg-CO2
 社会・経済 国交省の生産性革命プロジェクトである
I-Constructionを推進し生産性の向上を図る
ICT工事の社内比率5%を実現する